賃貸住宅を選ぶ時は審査を意識しながら選ぶようにしよう

家賃が審査において重要なポイントになる

賃貸住宅を選ぶ時には、家賃に注目してなるべく審査に通りやすい物件を選びます。いくら自分が住みたいといっても、入居審査に通らなければ残念ながら住むことができないです。せっかく、良い物件が見つかり書類を提出しても審査に落ちてしまったらがっかりですよね。また賃貸住宅を探す必要があり、手間がかかります。そこで、手間をかけないためにもはじめから審査を意識した選ぶ方をしましょう。家賃は、審査において重要なポイントであり基本的に自分の収入の3分の1が基準になっています。

例えば、月収が15万円であれば家賃が5万円未満であれば審査に通りやすく、5万以上なら審査に落ちる可能性が高いです。これを意識するだけでも、審査の結果が大きく違います。

保証会社が利用できる物件を選ぶ

賃貸住宅を選ぶ時には、保証会社が利用できる物件を選びます。賃貸住宅の入居審査では、基本的に保証人を準備しなければいけないです。もし、保証人がいない状態だと審査を受ける事ができずに当然住めないですよね。しかし、物件や不動産屋によっては保証人がいなくても入居審査に通るパターンがあり、それが賃貸保証会社が利用できる場合です。賃貸保証会社は、保証人の代わりになるので保証人が準備できなくても問題なく審査に通ります。保証人になってくれる人がいない場合は、保証会社制度が利用できる物件を選ぶようにしましょう。

ただ、注意しなければいけないのは保証会社を利用する時に保証会社の審査を受ける必要があります。ただ、入居審査をクリアできるレベルであれば問題なく保証会社の審査に通ります。

冬になると積雪が心配される道内でも、釧路の賃貸物件がある地域は積雪量が少ない地域のため、雪による生活への影響も最小限なものといえます。